薄毛と女性ホルモンの関係

女性の薄毛の原因はいくつかあり、その中に女性ホルモンの減少があります。
女性ホルモンが体内で減少することで抜け毛が増え、薄毛が進行します。
なぜ女性ホルモンが減少すると抜け毛が増えてしまうのか、
薄毛と女性ホルモンの関係を探ってみます。

 

エストロゲンは髪の毛に不可欠

エストロゲンは女性ホルモンのひとつで、髪の毛を作る手助けをして、
毛の成長期を持続させる働きをしています。
したがって女性ホルモンが正常であれば、髪の毛の成長期が長いので、
丈夫な髪の毛が長く維持されます。

 

ところがエストロゲンが諸々の原因で減少すると、正常に作用しなくなり、
結果として薄毛となってしまいます。

 

 

女性ホルモンが減少する原因

女性ホルモンが減少してしまう原因として第一に考えられるのは加齢です。
女性ホルモンの分泌量は年齢とともに減少し、
40〜50代の閉経を期に女性ホルモンは急速に減少します。

 

この原因は女性ホルモンが卵巣で生成されるからで、
更年期障害で薄毛の症状が出るのは卵巣が衰えるからです。

 

 

女性ホルモンの減少は放置しておけない

自律神経が乱れるのも薄毛の原因ですが、自律神経はホルモンの分泌と関係があり、
女性ホルモンのバランスが崩れて薄毛なることがあります。

 

このように薄毛と女性ホルモンは表裏一体の関係がありますから、
いろいろな手段を講じて女性ホルモンの減少と乱れを改善させて薄毛を改善しましょう。

 

女性ホルモンの減少を補うのは、たとえば大豆イソフラボンなど食事や
そのほかにいろいろなサプリメントがあります。授乳 ハーブティー